• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > くらしの便利帳 > 健康・医療 > 予防接種 > 満65歳以上の方を対象に肺炎球菌予防接種の一部助成を実施


ここから本文です。

満65歳以上の方を対象に肺炎球菌予防接種の一部助成を実施

ページ番号 1000345 更新日  平成29年4月1日 印刷

 肺炎球菌は、肺炎の原因のうち4分の1から3分の1を占めており、肺炎以外にも呼吸器感染症などの病気を引き起こす原因となります。
 現在、93種類の型があるとされ、肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスNP)の接種により、そのうちの23種類に対して免疫をつけることができるとされています。
 肺炎球菌ワクチンは、すべての肺炎を予防できるわけではありませんが、接種することで重症化を防ぐ効果が期待できます。
 国の定める法定接種(定期接種)の対象者は、65歳の者及び経過措置として平成30年までは、70歳以上100歳以下の5歳刻みの方となっています。また、接種当日に60歳以上65歳未満となる方で、心臓、腎臓または呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいを有する方も対象となります。
 しかし、同じ年齢層にある65歳以上の定期接種対象外の方が任意の予防接種を受ける場合には自己負担金に差異が生じることから、市では、定期の対象者と同じ自己負担金で予防接種が受けられるよう65歳以上の方全員を対象としています。

1.実施期間

平成29年4月1日から平成30年3月31日まで

2.接種対象者

 野田市に住民登録があり、次の1から3のすべてに当てはまる方

  1. 65歳以上の方、または接種当日に60歳以上65歳未満となる方で、心臓、腎臓または呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいを有する方
  2. 過去に肺炎球菌をワクチンの接種をしていない方
  3. 自らの意思で接種を希望する方

3.自己負担額

1人当たり2,000円
注:ただし、次の方は、事前に申請することにより自己負担金の免除が受けられます。

  1. 生活保護法による保護を受けている方
  2. 中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律による支援給付を受けている方
  3. 市町村民税非課税世帯に属する方

4.接種方法

  1. 法定接種の対象の方には、接種券(はがき)を送付しています。 法定外の任意接種の方は、保健センターまたは関宿保健センターでの事前の申請が必要です。
  2. 各医療機関でワクチンを確保する必要から予約制の場合があります。事前に実施医療機関へ確認し、必要書類を持参して接種してください。

5.実施医療機関

市で委託した医療機関

6.接種後の副反応について

 予防接種後に見られる副反応として、注射部位が赤くなったり、痛み、腫れるなどの症状が現れることがありますが、通常1日から2日で消失します。
 ごくまれに、アナフィラキシー様反応や血小板減少、知覚異常、ギランバレー症候群等の神経根障がい、蜂巣炎・蜂巣炎様反応といった重い副反応が現れることがあります。
 接種後に具合が悪い場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 保健センター
〒278-0003 千葉県野田市鶴奉7番地の4
電話:04-7125-1188
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.