• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > くらしの便利帳 > 健康・医療 > 感染症・その他の疾病 > エボラ出血熱にご注意ください


ここから本文です。

エボラ出血熱にご注意ください

ページ番号 1010931 更新日  平成29年8月1日 印刷

エボラ出血熱は、主として患者の体液等(血液、分泌物、吐物・排泄物)に触れることにより感染する疾病です。これまでに、アフリカ中央部やアフリカ西部で発生し、2017年もコンゴ民主共和国で発生しています。

症状は発熱、疼痛、無力症が多く、2、3日で急速に悪化し、死亡例では約1週間程度で死に至ることが多い疾病です。発生地域から帰国し、疑わしい症状がある場合には、早期に医療機関を受診してください。

エボラ出血熱とは

感染経路

主に患者の体液等(血液、分泌物、吐物・排泄物)に触れることにより感染します。感染したサルなどの動物の血液、分泌物、排泄物、唾液などとの接触でも感染する可能性があります。また、流行地域の洞窟に入ることは、感染したコウモリと接触するおそれがあるため感染リスクとなります。

潜伏期間

2日から21日(平均約1週間)と言われています。

主な症状

発症は突発的で、発熱(ほぼ必発)、疼痛(頭痛、筋肉痛、胸痛、腹痛など)、無力症が多いと言われており、出血を伴うこともあります(出血は主症状ではないことも多いです)。2、3日で急速に悪化し、死亡例では約1週間程度で死に至ることが多いです。

治療方法

エボラ出血熱に対する特有の薬は見つかっておりません。対症療法となります。

感染予防のポイント

流行している地域への旅行を控える、止むを得ず流行地域に行く場合、野生動物や患者に直接触れないこと、洞窟に入らないことが重要です。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 保健センター
〒278-0003 千葉県野田市鶴奉7番地の4
電話:04-7125-1188
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.