• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > くらしの便利帳 > 出産・子育て > 手当・助成 > 甲状腺超音波検査費用助成


ここから本文です。

甲状腺超音波検査費用助成

ページ番号 1009065 更新日  平成29年3月21日 印刷

甲状腺超音波検査費用助成を開始

平成28年10月より、福島第一原発事故に伴う放射性物質による健康不安の軽減を目的に、甲状腺超音波検査費用の一部助成を実施しています。この検査は現在の甲状腺の状態を知るためのもので、原発事故による放射線の健康影響評価を行うものではありません。
検査をご希望される方は、現在のお子様の状態を知る機会として利用してください。

助成対象者

次の要件を全て満たしている方

  1. 平成4年4月2日から平成24年4月1日までに生まれた方
  2. 野田市に住民登録のある方
  3. 甲状腺疾患について自覚症状のない方や通院中、経過観察中でない方
  4. 平成28年度野田市甲状腺超音波検査の結果がB判定、C判定でない方

助成内容

検査費用7,560円のうち、4,500円を助成(自己負担額3,060円)

注:市町村民税非課税世帯・生活保護世帯の方は、6,500円を助成(自己負担額1,060円)

検査費用
  検査費用総額 助成金額 自己負担額
一般の方

7,560円

4,500円 3,060円
非課税・生活保護の方 7,560円 6,500円 1,060円

助成回数   

年度につき1人1回まで

注:甲状腺超音波検査の費用助成は年1回しか受けられません。2回受けた場合は全額自己負担となります。

検査実施医療機関

小張総合クリニック(野田市横内20-1)

助成を受けるためには

助成対象者または保護者の方は「野田市甲状腺超音波検査費用助成申請書」を保健センター窓口か郵送で保健センターに提出してください。

窓口で申請する場合の持ち物

  • 朱肉を使用する印鑑
  • 生活保護受給世帯の方は、保護受給証明書
  • 市町村民税非課税世帯の方で、市保有の公簿等により市の職員が課税状況を確認することに同意されない場合は、非課税証明書

郵送の場合

申請書を印刷し、下記に郵送してください。

注:必ず、上部申請者欄と下部同意書欄に署名・押印を忘れずにお願いします。
注:生活保護受給世帯の方・市町村民税非課税世帯の方は下記の書類も添付してください。

  • 生活保護受給世帯の方は、保護受給証明書
  • 市町村民税非課税世帯の方で、市保有の公簿等により市の職員が課税状況を確認することに同意されない場合は、非課税証明書
郵送先

〒278-0003
野田市鶴奉7-4
野田市保健センター 甲状腺超音波検査担当

申請書の受付期間

 平成29年3月21日~平成30年2月28日(土日祝・年末年始を除く)

 なお、検査は平成29年4月4日(火曜日)から平成30年3月30日(金曜日)までです。

申し込みから検査結果判定までの流れ

1.申請書の提出

「野田市甲状腺超音波検査費用助成申請書」を窓口又は郵送にて保健センターに提出します。

  • 生活保護世帯の方は保護受給証明書を添付してください。
  • 市町村民税非課税世帯の方で、市保有の公簿等により市の職員が課税状況を確認することに同意されない場合は、非課税証明書を添付してください。

2.決定通知書と費用助成券が自宅に郵送

1週間程度で保健センターから「野田市甲状腺超音波検査費用助成決定通知書」と「野田市甲状腺超音波検査費用助成券」が郵送されます。

3.検査医療機関に検査の予約

医療機関に電話で検査の予約をします。検査は火・水・木・金曜日の14時30分以降となります。

検査医療機関

小張総合クリニック・予約専用電話番号:04-7126-1101
(電話受付時間:平日8時30分から16時30分まで、土曜8時30分から12時30分まで)

4.検査当日の必要書類

検査当日に医療機関の受付で「野田市甲状腺超音波検査費用助成券」の提出と「健康保険証」を提示します。

  1. 必ず「野田市甲状腺超音波検査費用助成券」下部の「野田市甲状腺超音波検査費用助成に係る代理受領委任状」に記入押印をしてください。
  2. 検査を受けます。 
  3. 検査後、医療機関に自己負担額を支払います。
    一般の方:3,060円
    非課税・生活保護の方:1,060円

5.検査結果の郵送

1か月程度で保健センターから検査結果が郵送されます。

  • A(A1.A2)判定の方は終了です。
  • B、C判定の方は、医療機関に結果説明の予約をしてください。
医療機関

小張総合病院・クリニック 予約専用電話番号:04-7126-1101
(電話受付時間:平日8時30分から16時30分まで、土曜8時30分から12時30分まで)

6.B、C判定の方は

B、C判定の方は、医療機関で医師より結果説明を受けます。

経過観察または二次検査となった場合、以降の診療については保険診療となります。

検査時の持ち物

  • 野田市甲状腺超音波検査費用助成券(代理受領委任状に記入押印したもの)
  • 健康保険証
  • 自己負担金
  • 小張総合クリニック診察券(お持ちの方)

検査時の注意点

  • 首回りを出しやすい服装で受診してください。
  • (小さいお子さんの場合)泣いたり動いたりして検査ができない場合、検査を中止することがあります。
  • 中学生以下の方の検査には保護者が付き添ってください。

検査について

甲状腺超音波検査の結果、のう胞や結節(しこり)が所見として確認されることがあります。
のう胞は甲状腺内にできた体液の貯まった袋状のものです。健康な方でも見つかることが多い良性のものです。結節(しこり)は甲状腺内にできる中身が詰まったかたまりです。良性のものと悪性のもの(がん)があります。最近では、超音波検査機器の精度が上がったことで、かなり小さいものでも見つかることが多くなっています。
福島県県民健康調査や環境省が福島県との比較調査を行った、弘前・甲府・長崎市でも42.5パーセントから69.3パーセントの方がA2判定となっており、約半数に何らかの所見が確認されています。
検査結果については(個人が識別されない形で)集計結果を公表させていただきます。ご了承ください。

判定について

福島県県民健康調査の判定区分に準じています

判定区分
判定 内容 所見 今後の対応
A1 結節(しこり)やのう胞(液体が入っている袋のようなもの)は認められませんでした なし 不要
A2 結節(5.0ミリメートル以下)またはのう胞(20.0ミリメートル以下)を認めましたが、日常生活に支障はありません あり 不要
B 結節(5.1ミリメートル以上)またはのう胞(20.1ミリメートル以上)を認めました あり 経過観察

 

C

 

甲状腺の状態などから判断して、二次検査を受けていただくことが必要です

 

あり

経過観察

または

専門病院紹介

注:C判定については、結節やのう胞に限らず、比較的よくみられる甲状腺の疾患が疑われる場合を含みます。二次検査が受けられるように判定の対象としているものです。

問い合わせ・申請先

保健センター(野田市鶴奉7-4)・電話:04-7125-1188
関宿保健センター(野田市東宝珠花260-1)・電話:04-7198-5011

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 保健センター
〒278-0003 千葉県野田市鶴奉7番地の4
電話:04-7125-1188
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.