• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > くらしの便利帳 > 相談・届出・市税 > 届出・証明書 > 住基カードをお持ちの方の転入届・転出届


ここから本文です。

住基カードをお持ちの方の転入届・転出届

ページ番号 1000265 更新日  平成27年1月28日 印刷

住民基本台帳カードの交付を受けている方は、住民基本台帳カードを使った転入届の特例を行っていただくことにより、転出届は必要ですが、住民基本台帳カードの提示により転入届ができます。住民基本台帳ネットワークを使い市町村間で転出情報を送受信するため、転出証明書を持ち運ぶことなく住民異動の手続きができます。
(注)住民基本台帳ネットワーク不参加の団体ではこのサービスは利用できません。通常の転出・転入手続きになります。

転入届は、必ず住民基本台帳カードを持参して、新住所地の市町村窓口へ届け出てください。(届出には、暗証番号の入力が必要となります。)

野田市から他市へ転出する場合(転出届の特例処理)

野田市に転出届をしていただくと住民基本台帳ネットワークを通じて転出先の市町村へ情報を送信します。転出証明書は交付せず、新住所地の市町村へ住民基本台帳カードを提示し、転入の手続きを行います。

前提となる条件

  • 異動される方の中に住民基本台帳カードの交付を受けている方がいること
  • 転出予定日から30日以内、かつ新住所地に住み始めてから14日以内の届出であること
  • 届出者の本人確認書類があること(写真付住民基本台帳カード、運転免許証、旅券など)

他市からの野田市に転入する場合(転入届の特例処理)

転出届の特例処理により、転出証明書が交付されない方法で転出届を行った場合、転入届の際に住民基本台帳カードを提示していただき、転入の手続きを行います。

前提となる条件

  • 転入届の際に住民基本台帳カードを持参していること
  • 転出届の特例処理(転出証明書が交付されません)を行っていること
  • 転出予定日から30日以内、かつ新住所地に住み始めてから14日以内の届出であること
  • 本人や同一世帯員による住民基本台帳カードの暗証番号の入力が必要
  • 届出者の本人確認書類があること(写真付住民基本台帳カード、運転免許証、旅券など)

注:一緒に異動した方の住民基本台帳カードをお持ちいただければ、転入届と同時に住民基本台帳カードの継続利用の手続きも行うことができます。
転入届の特例処理だけでは住民基本台帳カードの暗証番号は不要ですが、継続利用の手続きの際は暗証番号の入力が必要です。

注:公的個人認証サービスは転出届により失効してしまいますので、改めて登録の手続きが必要です

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 市民課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1081
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.