• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント


ここから本文です。

堤台城跡

ページ番号 1000795 更新日  平成27年1月30日 印刷

堤台城跡の写真

天正18年(1590)、下総国葛飾郡山崎(現在の野田市山崎)に入部した岡部長盛は、翌19年(1591)に領内である堤台に『城』を築き、慶長14年(1609)に丹波国亀山(現在の京都府亀岡市)に移るまでの19年間を過ごしたといわれています。
大正8年(1919)の『稿本千葉県誌』によれば、「堤臺城址=野田町大字堤臺字寺山にあり、報恩寺の地即ち是なり」とありますが、『野田町誌』によると、『稿本千葉県誌』で書かれている報恩寺は「東寺山」にあったとされていて、文献に食い違いがみられます。
また、弘化5年(1848)の『下総国輿地全図』は、地図で堤台城が確認できる唯一の資料ですが、場所を正確に特定できるものではありません。
このように、堤台城に関してはいくつかの文献等はあるものの、場所や規模を決定づける証拠や痕跡を示す遺跡が発見されていないために、はっきりとしたことはまだ分かっていません。

  • 所在地
    野田市堤台

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画財政部 広報広聴課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1068
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.