• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > 市長室から > ごあいさつ


ここから本文です。

ごあいさつ

ページ番号 1009109 更新日  平成29年4月11日 印刷

鈴木市長の写真
野田市長 鈴木 有

 平成28年7月4日に、市長に就任して以来、根本崇前市長の施策を継承しつつ、28年4月にスタートした野田市総合計画のもとさらに発展し活気ある野田市実現のため、新しい施策への取り組みを進めています。
 現在、少子高齢化など、市を取り巻く社会環境の変化に対し、多様な課題に柔軟に対応できる市政の実現が求められています。そのためには、若い世代が安心して結婚・子育てができる環境づくりや、健康長寿のまちを目指し介護予防への取り組みを進めるとともに、自然と調和した農業や生物多様性の推進、赤ちゃんから高齢者まで誰もが安全・安心に暮らせる環境の構築が必要です。29年も市民のニーズに答えるべく市政の運営に臨んでまいります。
 まず、市民の不安を軽減するための「甲状腺超音波(エコー)検査」は、29年も引き続き実施します。
 まめバスにつきましては、28年12月に利用者400万人を達成しましたが、専門会議や外部の意見を取り入れながら、地域のニーズに合わせ思い切ったルートの見直しを行います。
 また、市の将来のためには子どもたちへの投資が重要です。学習環境を向上させるエアコン設置は、30年の夏季には使用できるよう、前倒しで作業を進めていきます。さらに、子どもたちの意見を市政に反映させるべく全児童・生徒にアンケートを実施するほか、スポーツを通じて人間力の向上、基礎学力や社会性を身に付けてほしいと考えています。併せて先生方が子どもたちと向き合う時間を確保していただくため、教員の業務負担を軽減できる施策を検討していきます。
 子育て支援については、エンゼルプラン第4期計画を着実に進め、保育士確保を最優先に取り組むなど、待機児童及び保留者ゼロを目指します。
 東京直結鉄道については、早期建設実現のための作業を進めてまいります。
 連続立体交差事業については、国や県に対し要望活動を行うなど補助金の確保に努め、29年は愛宕駅東口仮駅舎工事等を実施し、全線の仮線切替えを目指します。
 「元気で明るい家庭を築ける野田市」の実現に向けまちづくりを進めてまいりますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

野田市長 鈴木 有

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市政推進室
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1066
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.