40メートル級はしご車の寄贈

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

ページ番号 1040481 更新日  令和6年2月9日 印刷 大きな文字で印刷

安心安全な野田市のために40メートル級はしご車を寄贈

梅郷駅近くで内科医院を長年開業され、野田市の地域医療に貢献されてきた医師の根本曉様から、「命を救うことに役立ててほしい」と、40メートル級先端屈折式はしご付消防自動車1台の寄附の申し出があり、市では1月30日に市役所で、はしご車の寄贈を受けました。

これまで市が保有する35メートル級はしご車では、近年増加する高層住宅の一部に対応できなかったので、ご寄附いただける、はしご車の配備により市内全域の高層建物の災害に対応でき、消防体制の大幅な強化になります。

寄贈に至った経緯として、根本様は、「父親も旧野田医師会の開業医でしたが、開業医といえども生活は決して楽ではなく、奨学金を利用しながら子どもたち皆を同じ道に歩ませてくれました。自分も3人の子どもを医者として巣立たせる中で、父親の苦労が身にしみてわかるようになりましたが、若かりし頃の自分は父親のありがたみに気づかず、充分に親孝行もできなかった後悔の念があり、今回の寄贈は父親への感謝の気持ち」とのことで、市では、現在も現役の医師でいらっしゃる根本様の、1人でも多くの方の命を救いたいというお気持ちと、医師の道へ進ませてくれた父親への感謝の気持ちを見える形で残すため、このはしご車には、根本様と父親のお名前を掲示することとしました。

根本様は、開業医引退後も福祉・介護関係の医療に携わる中、2年前には、市内で初となる強度行動障がいの方のための入所施設「東安根本ホーム」の建設にもご尽力いただいてます。

梯子
令和6年1月30日 寄附目録贈呈式 根本様(左)から鈴木市長に写真と同規格「はしご付消防自動車」の目録が手渡されました

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

消防本部 警防課
〒278-0005 千葉県野田市宮崎126番地の2
電話:04-7124-0113
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。