総合評価方式による一般競争入札の落札者決定基準の改正について(令和元年11月)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

ページ番号 1024334 更新日  令和元年11月15日 印刷 大きな文字で印刷

総合評価方式による一般競争入札の落札者決定基準を以下のとおり改正します。令和2年4月1日以降の入札公告から適用します。

企業の社会貢献度等

「高年齢者の雇用」について、高年齢者の定義を65歳以上に改正します。

改正後と改正前の比較表

改正後

改正前

高年齢者とは、65歳以上の者をいい、高年齢者等の雇用の安定等に関する法律第9条第1項に規定する年齢以上の者の雇用を評価する。 高年齢者とは、高年齢者等の雇用の安定等に関する法律第2条第1項に定める55歳以上の高年齢者のことをいう。

様式の改正

上記改正に合わせて、第12号様式を改正します。(改正箇所は、「高年齢者の雇用について」に係る注意事項)

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部 管財課 契約係
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7199-4922
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。