鈴木貫太郎プロフィール

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

ページ番号 1032576 更新日  令和5年8月9日 印刷 大きな文字で印刷

名前
鈴木貫太郎(すずきかんたろう)
生没年月日

慶応3年12月24日(1868年1月18日)生

昭和23年(1948)4月17日没

出身地
和泉国大島郡伏尾(現・大阪府堺市中区)
終焉地
千葉県東葛飾郡関宿町(現・千葉県野田市関宿町)

概説

第42代内閣総理大臣。

関宿藩飛地領の代官・鈴木由哲の長男として和泉国(現・大阪府)で生まれ、幼少期を関宿(現・千葉県野田市)で過す。

海軍軍人として日清・日露の両戦役に従軍し、海軍大将まで昇進すると、連合艦隊司令長官や軍令部長などを歴任したのち侍従長に就任する。

侍従長時代には、二・二六事件に遭遇し瀕死の重傷を負うも、奇跡的に一命を取り留めた。

枢密院議長を経て昭和20年(1945)4月7日、内閣総理大臣に就任し、日本の終戦に導いた。

戦後は、郷里の関宿に戻るが、吉田茂の要請で再び枢密院議長に就任し、憲法の改正に携わる。

議長辞職後は、関宿の主要な産業となる酪農の普及に努め、昭和23年(1948)4月17日に没した。

最後の言葉は「永遠の平和。永遠の平和」。

なお、タカ夫人は、昭和天皇の幼少期に養育係を勤めた人物である。

(敬称略)

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

生涯学習部 生涯学習課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1366
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。