土曜授業

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

ページ番号 1017781 更新日  令和6年2月7日 印刷 大きな文字で印刷

土曜授業検討委員会にて検討を重ね、令和6年度の土曜授業の目的と実施方法を決定しましたのでお知らせいたします。

1 令和6年度の土曜授業の目的

「児童生徒の心理的安定を醸成し学校生活を充実させるために、『学校は地域社会と共にある』ことを意識し、土曜ならではの、地域や保護者等に開かれた授業を教育課程内で行うことにより、児童生徒の活動を直接、地域や保護者の方々に見ていただき称賛される機会とすること」を主な目的とします。

2 令和6年度の土曜授業の実施方法

  1. 土曜授業の内容は、授業参観や地域との関連行事等を推奨する。
  2. 土曜授業の年間実施回数は、5回から8回までとする。
  3. 土曜授業は、「午前中3時間授業、振替休業なし」とし、平日の振替による授業(例えば運動会や文化祭等を1日にわたり実施し、振替休業を設定するもの)は含まない。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

学校教育部 指導課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1329
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。