• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > くらしの便利帳 > 健康・医療 > 感染症・その他の疾病 > 新型コロナウイルス感染症情報 > 千葉県からの協力要請(1月7日更新)


ここから本文です。

千葉県からの協力要請(1月7日更新)

ページ番号 1026622 更新日  令和3年1月8日 印刷

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策について

令和3年1月7日、国の新型コロナウイルス感染症対策本部長は、緊急事態宣言を行い、緊急事態措置を実施すべき期間を2月7日までの間、実施すべき区域を千葉県を含む4都県として指定するとともに、基本的対処方針を示しました。
これを踏まえ、県における対策の内容を、以下のとおりとすることとします。
これ以上の感染拡大を何としても抑え、医療崩壊を防ぐため、県民・事業者の皆様の一層の御理解・御協力をお願いします。
なお、内容については、今後も、国の動向、県内及び隣接都県の感染状況等を踏まえ、随時見直しを行っていきます。

基本的対処方針の概要

  • これまでの感染拡大期の経験や国内外の様々な研究等の知見を踏まえ、より効果的な感染防止策等を講じていく。
  • 緊急事態措置を実施すべき区域においては、社会経済活動を幅広く止めるのではなく、感染リスクが高く感染拡大の主な起点となっている場面に効果的な対策を徹底する。すなわち、飲食を伴うものを中心として対策を講じることとし、その実効性を上げるために、飲食につながる人の流れを制限することを実施する。具体的には、飲食店に対する営業時間短縮要請、夜間の外出自粛、テレワークの推進等の取組を強力に推進する。

県における基本的な考え方

  1. 国の基本的対処方針に沿った措置を行う。
  2. 感染リスクの高い場面、特に飲食を伴うものを中心として対策を講じることとし、その実効性を上げるために、飲食につながる人の流れを制限することを実施する。
  3. 県一丸となって感染防止対策に取り組むこととし、地域は千葉県全域、期間は国の方針を踏まえ2月7日までとする。

新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく協力要請について

(1)県民の皆様へ 【特措法第45条1項】

  • 不要不急の外出・移動は自粛してください。特に、20時以降の不要不急の外出の自粛を徹底してください。
    医療機関への通院、食料・医薬品・生活必需品の買い出し、必要な職場への出勤、屋外での運動や散歩など、生活や健康の維持のために必要なものについては、外出の自粛要請の対象外とします。
  • 「三つの密」を徹底的に避けるとともに、「人と人との距離の確保」「マスクの着用」「手洗いなどの手指衛生」等の基本的な感染対策を行ってください。
    また、以下の「人との接触を8割減らす、10のポイント」「新しい生活様式の実践例」「感染リスクが高まる「5つの場面」」を参考に、感染対策を徹底してください。

(2)イベント主催者及び開催する施設の管理者の皆様へ【特措法第24条9項】

期間:令和3年1月12日(火曜日)から令和3年2月7日(日曜日)まで

  • イベント参加者に対して、感染防止対策の徹底や、イベント前後の飲食を控えることを呼び掛けるなど、開催前後の「3つの密」及び飲食を回避するための方策を徹底してください。
  • 催物開催の時間帯については、20時までとするよう御協力をお願いします。
  • 催物開催にあたっては、業種別ガイドラインの徹底や、催物前後の「3つの密」及び飲食を回避するための方策の徹底ができない場合には、開催について慎重に判断してください。
  • 開催にあたっての上限人数を以下のとおりとしてください。
    ・屋内、屋外ともに5,000人以下
    ・上記人数要件に加え、屋内にあっては収容定員の50%以内の参加人数にすること。屋外にあっては人と人との距離を十分に確保できること(できるだけ2メートル)

注:上記の人数制限の基準は、令和3年1月12日以降に、新規で販売される入場券等に適用します。
注:上記の人数上限以外の条件の詳細については、引き続き千葉ホームページに掲載している「イベントの開催制限等について」を十分に御確認ください。

(3)事業者の皆様へ 【特措法第24条9項】

東葛地域注1及び千葉市の「酒類を提供する飲食店注2(カラオケ店を含む)」の皆様へ


【1 月4 日措置から酒類提供の時間を変更】
期間:令和3年1月8日(金曜日)から令和3年1月11日(月曜日)まで

  • 「20時から5時」は営業しないでください。
  • 酒類を提供する場合は11時から19時までとしてください。
  • 業種別ガイドライン等に基づく感染防止策を徹底してください。

注1:「東葛地域」:市川市、浦安市、習志野市、八千代市、鎌ケ谷市、船橋市、柏市、野田市、松戸市、流山市、我孫子市
注2:食品衛生法に基づく飲食店営業許可を受けている店舗の事業者。
ただし、惣菜、弁当などの持ち帰り専門の店舗、スーパーやコンビニ等のイートインスペース、自動販売機(自動販売機内で調理を行うホットスナックなど)、ホテルや旅館において宿泊客のみに飲食を提供する場合を除きます。

県内全域の「飲食店注3」・「遊興施設注4のうち、食品衛生法における飲食店営業の許可を受けている店舗」の皆様へ

【1月4日措置から酒類提供の時間と対象を変更】
期間:令和3年1月12日(火曜日)から令和3年2月7日(日曜日)まで

  • 「20時から5時」は営業しないでください。
  • 酒類を提供する場合は11時から19時までとしてください。
  • 業種別ガイドライン等に基づく感染防止策を徹底してください。

注3: 飲食店、喫茶店その他設備を設けて客に飲食させる営業が行われる施設を指します。
食品衛生法の飲食店営業許可や、喫茶店営業許可を受けている店舗等が該当しますが、宅配、テイクアウトサービス、自動販売機等は除きます。
注4: ネットカフェ、マンガ喫茶等、宿泊を目的とした利用が相当程度見込まれる施設は、営業自粛要請の対象から除きます。

注原則として、全期間御協力いただいた中小企業等の方には協力金を支給します。
注申請方法、必要書類については、別途、発表しますが、協力金の申請時に、営業時間の短縮を行ったことなどを確認できる書類を提出していただきますので、現在実施している協力金制度を参考に、記録をお願いします。
県内全域の事業者等の皆様へ
  • 職場への出勤は、外出自粛等の要請対象からは除かれるものですが、「出勤者数の7割削減」を目指すことも含め、接触機会の低減に向け、在宅勤務(テレワーク)や、出勤が必要となる職場でもローテーション勤務等を強力に推進してください。
  • 20時以降の不要不急の外出自粛を徹底することを踏まえ、事業の継続に必要な場合を除き、20時以降の勤務を抑制してください。
  • 職場に出勤する場合でも、時差出勤、自転車通勤等の人との接触を低減する取組を強力に推進してください。
  • 職場においては、感染防止のための取組(手洗いや手指消毒、咳エチケット、職員同士の距離確保、事業場の換気励行、複数人が触る箇所の消毒、発熱等の症状がみられる従業員の出勤自粛、出張による従業員の移動を減らすためのテレビ会議等の活用等)や、「3つの密」や「感染リスクが高まる「5つの場面」」等を避ける行動を徹底するよう促してください。特に、職場での「居場所の切り替わり」(休憩室、更衣室、喫煙室等)に注意するよう、周知してください。
  • 職場や店舗等に関して、業種別ガイドライン等の感染防止対策を実践してください。
  • 街頭の電飾などのイルミネーションは早めに消灯するようお願いします。
  • 新年の挨拶回り、新年会・賀詞交歓会、及びこれに類するものは、飲食につながるため、自粛してください。
  • 下表注に例示する国民生活・国民経済の安定確保に不可欠な業務を行う事業者及びこれらの業務を支援する事業者においては、「3つの密」を避けるために必要な対策を含め、十分な感染防止策を講じつつ、事業の特性を踏まえ、事業の継続をお願いします。

注:表は下の千葉県:新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策について(外部リンク)からご確認ください。

緊急事態措置とあわせたお願いについて

飲食店以外の施設の皆様へ

(1)対象

運動施設又は遊技場、劇場、観覧場、映画館又は演芸場、集会場又は公会堂、展示場、博物館、美術館又は図書館、ホテル又は旅館(集会の用に供する部分に限る)

期間

遅くとも令和3年1月12日(火曜日)から令和3年2月7日(日曜日)まで

  • 「20時から5時」は営業しないでください。
  • 酒類を提供する場合は11時から19時までとしてください。
  • 人数の上限は、5,000人かつ収容率は50%までとしてください。
  • 業種別ガイドライン等に基づく感染防止策を徹底してください。

(2)対象

遊興施設 注(食品衛生法の飲食店営業許可を受けている店舗を除く)、物品販売業を営む店舗(1,000平米超・食品、医薬品、医療機器その他衛生用品、再生医療当製品又は燃料その他生活に欠くことができない物品として厚生労働大臣が定めるものの売り場を除く)、サービス業を営む店舗(1,000平米超・生活必需サービスを除く)

期間

遅くとも令和3年1月12日(火曜日)から令和3年2月7日(日曜日)まで

  • 「20時から5時」は営業しないでください。
  • 酒類を提供する場合は11時から19時までとしてください。
  • 業種別ガイドライン等に基づく感染防止策を徹底してください。

注:ネットカフェ、マンガ喫茶等、宿泊を目的とした利用が相当程度見込まれる施設については、お願いの対象から除きます。

その他の事項

  1. 「Go To イート」について、食事券の新規発行の一時停止及び食事券・ポイントの利用を控える旨の呼びかけの期限「令和3年1月31日まで」(現行)を「令和3年2月7日まで」に延長します。
  2. 「ディスカバー千葉」宿泊者優待事業について、全ての宿泊優待券の利用停止の期限を「令和3年1月31日まで」(現行)を「令和3年2月7日まで」に延長します。
  3. 県が支援する団体バスツアーについて、支援停止措置の期限「令和3年1月31日まで」(現行)を「令和3年2月7日まで」に延長します。

問い合わせ先

  • 飲食店の営業時間短縮に関すること、下記以外は、新型コロナウイルス対策本部・電話:043-223-4318
  • 協力金の申請手続に関することは、 専用コールセンター・電話:0570-003-894
  • Go to イートに関することは、GoTo イート千葉県事務局・電話:0570-052-120
  • ディスカバー千葉に関することは、一般コールセンター・電話:0570-054-389
  • 県が支援するバスツアーに関することは、(公社)千葉県観光物産協会・電話:043-225-9170

新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく協力要請について(1月4日)

千葉県の新型コロナウイルス感染症の新規感染者数は、200名を超える日が続いています。
本県における感染拡大防止の非常に重大な局面であり、医療の緊急事態です。
この感染状況が続くと、一般医療へ影響が及び、これまでどおりの医療が受けられなくなる恐れがあります。
県民、事業者の皆様には、年末年始の感染者数の増加を何としても抑えるため、御協力をいただいているところですが、現在の感染状況及び国が緊急事態宣言を検討することを表明した状況等を踏まえ、新たな協力要請を行うこととします。
なお、内容については、今後も、感染状況等を踏まえ、随時見直しを行っていきます。
県民・事業者の皆様の一層の御理解・御協力をお願いします。

県民の皆様へ

・20時以降の不要不急の外出は自粛してください。【新規】
・20時以前においても、感染リスクの高い場所(※1)への不要不急の外出(※2)は自粛してください。
・期間:令和3年1月8日(金曜日)から令和3年1月31日(日曜日)まで
・地域:県内全域

※1 「感染リスクの高い場所」とは
・感染が拡大している地域及び「5つの場面」をはじめ、3つの密のある場所 等
・県外については、移動先の自治体のメッセージや感染状況等を確認してください。
※2  「不要不急の外出」について
・通院、通勤、通学(塾、習い事含む)、買い物は該当しません。
・健康維持のための運動も該当しませんので、特に高齢の方にあっては、感染リスクの低い場所での適度な運動を心がけるなど、健康管理に努めてください。
・飲食のための外出については、会食の注意事項を必ず守り、慎重に対応してください。
・帰省や、観光、イベントへの参加については、今一度、その必要性等について慎重に考え、その上で、まずは時期をずらすなどの対応を検討し、それが困難な場合は、感染防止対策に細心の注意を払って行ってください。

事業者の皆様へ

東葛地域(※1)及び千葉市の「酒類を提供する飲食店(※2)(カラオケ店を含む)」の皆様へ【時間変更】

期間:令和3年1月8日(金曜日)から令和3年1月11日(月曜日)まで
・「20時から5時」は営業しないでください。
・酒類を提供する場合は19時までとしてください。
・12月23日から、「22時から5時」までの営業自粛をお願いしていましたが、時間を変更するものです。
※1「東葛地域」:市川市、浦安市、習志野市、八千代市、鎌ケ谷市、船橋市、柏市、野田市、松戸市、流山市、我孫子市
※2食品衛生法に基づく飲食店営業許可を受けている店舗の事業者。ただし、惣菜、弁当などの持ち帰り専門の店舗、スーパーやコンビニ等のイートインスペース、自動販売機(自動販売機内で調理を行うホットスナックなど)、ホテルや旅館において宿泊客のみに飲食を提供する場合を除きます。

新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく協力要請について(1月4日)

※全期間御協力いただいた中小企業等の方には協力金を支給します。支給額については、国の支援制度を活用し、現在実施している協力金制度を拡充する予定です。
※協力金の申請時に、営業時間の短縮を行ったことなどを確認できる書類を提出していただきますので、記録をお願いします。
※「22時から5時まで」の営業自粛を行った場合も、現行制度に基づいた協力金の支給対象となります。

県内全域の飲食店(※3)の皆様へ【新規】

期間:令和3年1月12日(火曜日)から令和3年1月31日(日曜日)まで
・「20時から5時」は営業しないでください。
・酒類を提供する場合は19時までとしてください。
※3上記※2と同様です。対象は酒類の提供の有無にかかわりません。

※全期間御協力いただいた中小企業等の方には協力金を支給します。支給額については、今後示される国の支援制度を活用する予定です。
※申請方法、必要書類については、後日、詳細を発表しますが、協力金の申請時に、営業時間の短縮を行ったことなどを確認できる書類を提出していただきますので、現在実施している協力金制度を参考に、記録をお願いします。
県内全域の事業者の皆様へ

・街頭の電飾などのイルミネーションは早めに消灯するようお願いします。【新規】
・テレワークの徹底をお願いします。
・在宅勤務・時差出勤の徹底をお願いします。
・職場・寮における感染防止策の徹底をお願いします。
・従業員に対し、基本的な感染防止対策の徹底や、会食自粛を呼びかけてください。

施設管理者およびイベント主催者の皆様へ

催物の開催制限の人数上限目安を変更します。【延長及び対象地域の拡大】

・期間:令和3年1月12日(火曜日)から令和3年1月31日(日曜日)まで
・地域:県内全域

屋内:上限人数は5,000人かつ定員の半分以下
屋外:上限人数は5,000人以下かつ人と人との距離を十分に確保(できれば2メートル)
【注】
・上記の基準は、令和3年1月12日以降に、新規で販売される入場券等に適用します。
・上記の人数は、主催者と参加者のいる場所が明確に分かれている場合(例えばプロスポーツイベントの選手と観客等)には参加者数のみとし、主催者と参加者のいる場所が明確に分かれていない場合(例えば展示会の主催者と来場者等)には両者を合計した人数とします。
・参加者の上限人数の考え方については、必ずしも屋内・屋外のみで区別されるものではなく、屋外であっても、座席等により参加者の位置が固定され、かつ定員の定めがある場合には、収容定員の半分以下としてください。
・屋内であっても、座席等により参加者の位置が固定されない場合や収容定員の定めがない場合には、人と人との距離を十分に確保できるように、入場人数の制限などを行ってください。
・上記の厳格化する人数上限以外の条件の詳細については、引き続き千葉ホームページに掲載している「イベントの開催制限等について」を十分に御確認ください。

イベント参加者に対しては、感染防止対策の徹底や、成人式・スポーツライブなどのイベント前後の飲食を控えることを呼び掛けてください。

新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく協力要請について(12月25日)

千葉県では、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条9項に基づき、催物(イベント等)開催制限の協力要請を行っており、令和2年11月17日に、来年2月末までの取扱いについてお知らせしたところです。
しかしながら、新規感染者数の急激な増加等を踏まえ、感染が拡大している地域で開催される催物の開催制限の基準を厳格化することとしました。また、県内全域において、催物開催時及び催物前後における感染防止策についても徹底いただくよう、改めて御協力をお願いします。

施設管理者およびイベント主催者の皆様へ

感染が拡大している地域で開催される催物の開催制限の基準

・対象地域 東葛地域(※1)及び千葉市(※2)
・対象期間 令和3年1月1日(金曜日)から令和3年1月11日(月曜日)まで(※2)
・制限内容 開催の目安を以下のとおりとしてください。
・屋内:上限人数は5,000人かつ定員の半分以下
・屋外:上限人数は5,000人以下かつ人と人との距離を十分に確保(できれば2メートル)
※1「東葛地域」:市川市、浦安市、習志野市、八千代市、鎌ケ谷市、船橋市、柏市、野田市、松戸市、流山市、我孫子市
※2今後の感染状況等により、対象の地域の変更や期間を延長する場合があります。
【注】
・上記の基準は、令和3年1月1日以降に、新規で販売される入場券等に適用します。
・上記の人数は、主催者と参加者のいる場所が明確に分かれている場合(例えばプロスポーツイベントの選手と観客等)には参加者数のみとし、主催者と参加者のいる場所が明確に分かれていない場合(例えば展示会の主催者と来場者等)には両者を合計した人数とします。
・参加者の上限人数の考え方については、必ずしも屋内・屋外のみで区別されるものではなく、屋外であっても、座席等により参加者の位置が固定され、かつ定員の定めがある場合には、収容定員の半分以下としてください。
・屋内であっても、座席等により参加者の位置が固定されない場合や収容定員の定めがない場合には、人と人との距離を十分に確保できるように、入場人数の制限などを行ってください。
上記の厳格化する人数上限以外の条件の詳細については、引き続き千葉ホームページに掲載している「イベントの開催制限等について」を十分に御確認ください。

物開催時及び催物前後における感染防止策の徹底について

年末年始の催物開催に当たっては、業種別に策定される感染拡大予防ガイドラインの徹底はもとより、開催時における感染防止策及び催物前後の感染防止についてご注意いただくよう、お願いします。また、イベント参加者に対して、
・混雑状況の周知
・駅の分散利用
・「5つの場面」の周知徹底
・イベント前後の会食等は基本的な感染防止策を徹底するとともに、特に感染が広がっている地域においては、感染防止のため、普段から会っている人、家族、親しい人と短時間で少人数で行うことなど、具体的な感染防止策を徹底していただくよう、お願いします。

病床確保計画におけるフェーズ4移行に際しての新型コロナウイルス感染拡大防止のための皆さまへのお願い(12月22日)

医療の緊急事態です。年末年始は静かに過ごしましょう。

千葉県の新型コロナウイルス対策の医療提供体制は「フェーズ4」に移行しました。
これは県の病床確保計画の最高レベルであり、この状況が続けば、一般医療も含めて、医療提供体制に深刻な影響を及ぼします。具体的には、救急患者の受入れが困難になったり、がんの手術が延期されたりするなど、県民の皆様に対する医療提供にも甚大な影響が出かねません。
これ以上の感染拡大は何としても抑えなければなりません。そのため、下記についてお願いします。

  • 特別な事情がない限り、不要不急の外出は控え、今年の年末年始は、家での時間を楽しみましょう。
  • 忘年会、新年会は見送りを検討。
  • オンラインでの開催など、工夫しましょう。会食は「4人以下の単位」で。会話を楽しむ際は、なるべくマスクを着用しましょう。
  • 帰省は混雑を避け、延期も含めて慎重に検討。
  • 参拝は、三が日にこだわらず、混雑する時間帯を避ける。
  • 重症化リスクが高いとされる高齢者や基礎疾患をお持ちの方と同居のご家族の方は、家庭内での感染防止対策に細心の注意をお願いします。

年末年始の感染拡大防止のための対策の実施について(12月17日)

新型コロナウイルス感染症の新規感染者数は、12月10日に150人とこれまでで最多となり、その後も100人を超える日が続いています。本県における感染拡大防止の非常に重大な局面であり、強い緊張感を持って対応する必要があります。
このままの感染状況が続くと、一般医療へ影響が及び、これまでどおりの医療が受けられなくなる恐れがあります。
本県では、11月30日から12月22日までを「集中的な対策の実施期間」と位置づけ、基本的な感染防止対策の徹底を働きかけるとともに、東葛地域において、飲食店での酒類提供の時間は22時までとお願いしてきたところですが、地域の医療提供体制の維持のためにも、特に年末年始の感染者数の増加を何としても抑える必要があります。
このような状況を踏まえ、新たな協力要請を行うこととします。
なお、内容については、感染状況などを踏まえ、随時見直しを行っていきます。

期間

令和2年12月23日(水曜日)から令和3年1月11日(月曜日)まで
注:飲食は12月23日(水曜日)から、その他は12月17日(木曜日)から実施します

目的

県内での感染拡大を抑え、県民の健康と命を守るとともに地域の医療提供体制を維持するため

対策内容

1.飲食 <人が集まる場所で飛沫を広げるリスクを低減する>

  1. 酒類を提供する飲食店(カラオケ店を含む)の営業は22時まで(東葛地域、千葉市)【新規】
    全期間御協力いただいた中小企業等の方には協力金80万円を支給します。協力金の申請時に、営業時間の短縮を行ったことなどを確認できる書類を提出していただきますので、記録しておいてください。
  2. Go to イート食事券の新規発行の一時停止【延長】
  3. Go to イート食事券・ポイントの利用は控えて【新規】
    店内での飲食を控えていただくもので、テイクアウト、デリバリーでの利用を控えていただく必要はありません。
  4. 忘年会、新年会でも、会食の注意事項を守って
    ・「4人以下の単位」で
    ・会話を楽しむ際は、なるべくマスク着用
    ・席配置を対面とせず、大声を出さない
    ・感染防止対策がされていない店舗の利用を控えて
    など
  5. 対策が徹底されていない接待を伴う飲食店・カラオケ店への休業要請

2.外出<人の動きを抑える>(12月17日から先行実施)

  1. 感染リスクの高い場所(注1)への不要不急の外出は控えて【新規】
  2. 買い物などで外出する場合は、人数や時間は最小限に【新規】
  3. 毎日の体温チェック、体調の悪いときは外出しない
  4. GoToトラベル事業の一時停止地域(注2)の方は、
    ・ディスカバー千葉宿泊者優待キャンペーンを利用した新規予約を控えて(12月27日まで延長)
    ・県が支援するバスツアーの新規申込を控えて(12月27日まで延長)
  5. ディスカバー千葉宿泊者優待キャンペーンの一時停止【新規】(12月28日から1月11日)
  6. 県が支援するバスツアーの支援停止(12月28日から1月11日)【新規】

注1:感染リスクの高い場所:東京都、東葛地域、千葉市など感染が拡大している地域及び「5つの場面」をはじめ、3つの密のある場所など
注2:一時停止地域:東京都(12月18日から)、広島市(12月19日から)、札幌市、名古屋市、大阪市

3.年末年始の行事<年末年始を静かに過ごす>【新規】

  1. 帰省は混雑する時期を避けて
  2. 参拝は混雑する時期を避けて
  3. 成人式でも、感染防止対策を徹底

4.基本的な感染防止対策の徹底

  1. こまめな手洗い・手指消毒
    「うつらない うつさないためのマスク」の着用、換気しながら適度な加湿
  2. 3密(密接、密集、密閉)の回避
  3. 感染リスクの高い「5つの場面」での注意
  4. 重症化リスクが高いとされる高齢者や基礎疾患をお持ちの方と同居のご家族の方は、家庭内での感染防止対策に細心の注意を
  5. テレワーク、時差出勤の積極的な推進

5.クラスター防止対策【新規】(12月17日から先行実施)

  1. 高齢者施設などにおいては、今一度、感染防止対策の確認を。特に職員、利用者の健康管理の徹底を
  2. 学校においては、部活動でクラスターが発生していることを踏まえ、飲食時、休憩時、更衣時の身体的距離の確保と会話の禁止の徹底を

感染拡大防止のための集中的な対策の実施について(11月30日)

新型コロナウイルス感染症の県内や近隣都県の感染者数が急激に増加しており、千葉県においても、11月28日には1日当たりの新規感染者数がこれまでで最大の113名となりました。医療機関の負担も大きくなっており、地域の医療提供体制の維持のためにも、感染者数の増加を何としても抑える必要があります。
このような状況を踏まえ、本日から12月22日までを「集中的な対策の実施期間」と位置づけ、従来からお願いしていた基本的な感染防止対策の徹底を働きかけるとともに、新たな協力要請を行うこととします。
なお、内容については、感染状況等を踏まえ、随時見直しを行っていきます。

集中的な対策の実施期間

令和2年11月30日(月曜日)から令和2年12月22日(火曜日)まで。
なお、飲食店での酒類提供時間の制限は12月2日(水曜日)から

対策内容

1.飲食 <人が集まる場所で飛沫を広げるリスクを低減する>

  1. 飲食店での酒類提供の時間は22時まで(東葛地域)【新規】(12月2日から)
  2. Go toイート食事券の新規発行の一時停止(12月18日まで)
  3. 会食は「4人以下の単位」で
  4. 会食時の注意事項を守って(会話を楽しむ際は、なるべくマスク着用。大声・対面の席配置・体調不良の方の参加を控えるなど)
  5. 対策が徹底されていない接待を伴う飲食店・カラオケ店への休業要請
  6. 感染防止対策がされていない店舗の利用を控えて

2.外出<人の動きを抑える>

  1. 東京都内との不要不急の往来を控えて。特に、飲食を目的とする場合は十分注意【新規】
  2. Go to トラベルの一時停止地域や、外出自粛要請がされている地域との往来はできるだけ控えて。感染が拡大している地域との往来は、慎重に。特に飲食を目的とする場合は十分注意【新規】
  3. 毎日の体温チェック、体調の悪いときは外出しない
  4. Go To トラベルの一時停止地域の方は、ディスカバー千葉宿泊者優待キャンペーンを利用した新規予約を控えて(12月2日から12月15日)【新規】

3.基本的な感染防止対策の徹底

  1. こまめな手洗い・手指消毒(「うつらない うつさないためのマスク」の着用、換気しながら適度な加湿)
  2. 3密(密接、密集、密閉)の回避
  3. 感染リスクの高い「5つの場面」での注意
  4. テレワーク、時差出勤の積極的な推進

3連休における新型コロナウイルス感染拡大防止のためのみなさまへのお願い(11月20日)

現在、新型コロナウイルス感染症の感染者が急速に増加しており、千葉県においても、11月19日には、1日当たりの新規感染者数がこれまでで最大の106名となりました。
これまで以上に、強い警戒が必要な状況です。
これから3連休を迎えますが、何としてもこれ以上の感染拡大を抑えるため、県民のみなさま、お一人おひとりが「新しい生活様式」を実践し、適切な感染防止対策を徹底する必要があります。
県民、事業者のみなさまの御理解・御協力をお願いします。

Go To Eat キャンペーン事業等の取扱いについて(11月19日)

全国的に新型コロナウイルス感染症の急速な拡大が懸念されている中、「Go To Eatキャンペーン事業」の食事券・ポイントの利用について、国から検討するよう要請がありました。
本県における新規感染者数は、直近7日間平均で1日あたり70名を超えている状況であり、これ以上の感染拡大を防ぐため、本県では、当該事業における食事券等の利用について、原則として「4人(子どもを除く)以下の単位」での飲食とすることとしましたのでお知らせします。
なお、「Go To Eatキャンペーン事業」を利用しない一般的な会食の場面においても、感染リスクを低減させるため「4人以下の単位」を基本としていただきますようお願いします。
県民、事業者のみなさまには、御理解・御協力をお願いします。

新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく協力要請について(11月17日)

千葉県では、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条9項に基づき、催物(イベント等)開催制限の協力要請を行っており、段階的に上限人数の緩和を進めてきたところです。
令和2年9月15日にそれまでの人数制限を緩和することとし、11月末までの取り扱いとしたところですが、12月1日から来年2月末までも基本的にこの取り扱いを維持しつつ、一部の催物について収容率等を変更することとしました。
なお、この取り扱いは今後の感染状況等を踏まえ、見直す場合があります。
感染拡大の防止と、社会経済活動の両立を目指し、県民・事業者のみなさまの一層の御理解・御協力をお願いします。

新型コロナウイルス感染拡大防止のためのみなさまへのお願い(11月17日)

千葉県では、店舗や事務所、社会福祉施設などでクラスターの発生も相次ぎ、新型コロナウイルスの1日当たりの新規感染者数が11月14日には最大の88名となるなど、大幅に増加している状況です。全国的にも急速な感染拡大が懸念されています。
これ以上の感染拡大を防ぐためには、県民のみなさま、お一人おひとりが「新しい生活様式」を実践し、適切な感染防止対策を徹底する必要があります。
県民、事業者のみなさまの御理解・御協力をお願いします。

新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく協力要請について(9月15日)

千葉県では、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条9項に基づき、催物(イベント等)開催制限の協力要請を行っており、段階的に上限人数の緩和を進めてきたところです。
令和2年8月25日に、それまでの制限を9月末まで維持することとしたところですが、県内や近隣都県の感染状況やこれまで得られた知見等を踏まえて、この度、人数制限を以下のとおり緩和することとしました。
本取り扱いは、9月19日から11月末までとしますが、業種別ガイドラインの見直しを前提に、必要な感染防止策が担保される場合に限ります。
なお、今後の感染状況等を踏まえ、見直す場合があります。感染拡大の防止と、社会経済活動の両立を目指し、県民・事業者のみなさまの一層の御理解・御協力をお願いします。

新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく協力要請について(9月10日)

千葉県では、新規感染者数の発生が一定程度、減少してきたことなどから、令和2年9月10日から「多人数での会食」の自粛要請を解除することとしましたが、全県単位でみると感染者は減少傾向にあるものの、地域別の感染者数の状況をみると東葛圏域の感染者の割合が他の地域に比べ多い状況にあります。
特に野田市は、いまだ感染者が増え続け感染拡大の収束は見通せない状況です。
つきましては、市民の皆様には、引き続き、多人数での会食を控えていただくようご協力をお願いいたします。

新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく協力要請について(8月4日)

千葉県では、新型コロナウイルス感染症の感染者数の急増に伴い、県民や事業者の皆さまへ、感染拡大防止に関するこれまでのお願いに加え、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づき、新たな協力を要請するとともに、特に注意していただきたいことをまとめました。

県民の皆さまへ

  • 感染防止対策が徹底されていない施設等への外出を控えてください。
  • 接待を伴う飲食店、酒類を提供する飲食店、カラオケが設置されているお店の利用にあたっては、感染防止対策の徹底を確認してください。
  • カラオケ利用の際は、歌唱中もマスクやフェイスシールドの着用をお願いします。
  • マスクを着用せずに会話すること、大声で会話することは、できる限り避けてください。
  • おおむね5名から6名以上での多人数での会食は、自粛してください。

事業者の皆さまへ

  • 酒類を提供する飲食店については、「3つの密」の回避、換気など、取組の徹底をお願いします。
  • 対策が徹底されていない接待を伴う飲食店・カラオケ店の休業を要請します。

新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく協力要請について(7月30日)

県内や近隣都県の感染者数が増加しています。この状況を踏まえ、県民や事業者の皆さまへ、感染拡大防止の徹底について、これまでのお願いに加え、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づき、県民に対して「多人数での会食の自粛」と、事業者に対して「体調が良くない従業員は出勤させない」旨の協力要請を行いました。
感染拡大の防止と、社会経済活動の維持の両立を目指し、一層の御理解・御協力をお願いします。

新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく協力要請について(7月27日)

千葉県では、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条9項に基づき、催物(イベント等)開催制限の協力要請を行っており、段階的に上限人数の緩和を進めてきたところですが、県内や近隣都県の感染状況等を踏まえ、8月末までは現在の制限を維持することとしました。
感染拡大の防止と、社会経済活動の維持の両立を目指し、一層の御理解・御協力をお願いします。

新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく協力要請について(7月10日)

県内や近隣都県の感染者数が増加しています。
この状況を踏まえ、県民や事業者の皆さまへ、感染拡大防止の徹底について、これまでのお願いに加え、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づき、協力要請を行いました。
感染拡大の防止と、社会経済活動の維持の両立を目指し、一層の御理解・御協力をお願いします。

新型コロナウイルス感染拡大防止のための皆さまへのお願い(7月5日)

県内や周辺都県の感染状況等を踏まえ、県民や事業者の皆さまへ、感染拡大防止についてのお願いです。
感染拡大の防止と、社会経済活動の維持の両立を目指し、感染防止対策に一層の御理解・御協力をお願いします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 保健センター
〒278-0003 千葉県野田市鶴奉7番地の4
電話:04-7125-1188
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.