• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > くらしの便利帳 > お知らせの一覧 > 教育・文化 > アメリカ合衆国へ核実験に対する抗議文を送付


ここから本文です。

アメリカ合衆国へ核実験に対する抗議文を送付

ページ番号 1018172 更新日  令和1年6月3日 印刷

平成31(2019)年2月にアメリカ合衆国が実施した臨界前核実験に抗議するため、ドナルド・トランプ大統領に対し、今後一切の核実験を中止し、核兵器の廃絶と世界の恒久平和の実現のための尽力を要請する書簡を、市長と議長の連名で送付しました。

抗議文

抗議文の全文は以下のとおりです。

アメリカ合衆国 ドナルド・トランプ 大統領閣下

抗議文

この度、貴国が2019年2月、プルトニウムを使用し核爆発を伴わない臨界前の核実験を実施したとの報道に接し、核兵器廃絶と恒久平和を願っている世界で唯一の核被爆国の国民として、強い憤りと深い悲しみを抱く。核爆発を伴わないとはいえ、臨界前核実験を実施したことは、貴国が今後も核兵器を持ち続ける意志を表したものであり、断じて許すことはできない。

野田市は、「個性豊かなまちづくりを行う人権・平和尊重都市宣言」の理念に基づき、基本的人権を尊重し、平和を尊ぶまちづくりに努力を続けているところである。我々は、貴国の核実験に厳重に抗議するとともに、貴国が、今後一切の核実験を中止し、核兵器の廃絶と世界の恒久平和の実現のために尽力されるよう、強く要請する。

令和元(2019)年5月31日

千葉県野田市長 鈴木 有

千葉県野田市議会議長 鶴岡 潔

過去の抗議文

 平成30年10月15日抗議文

平成29(2017)年12月にアメリカ合衆国が実施した臨界前核実験に抗議して、ドナルド・トランプ大統領に対し、今後一切の核実験を中止し、核兵器の廃絶と世界の恒久平和の実現のための尽力を要請する書簡を、市長と議長の連名で送付しました。

抗議文

抗議文の全文は以下のとおりです。

アメリカ合衆国 ドナルド・トランプ 大統領閣下

抗議文

この度、貴国が2017年12月、プルトニウムを使って核爆発を伴わない臨界前の核実験を実施したとの報道に接し、核兵器廃絶と恒久平和を願っている世界で唯一の核被爆国の国民として、強い憤りと深い悲しみを抱く。核爆発を伴わないとはいえ、臨界前核実験を実施したことは、貴国が今後も核兵器を持ち続ける意志を表したものであり、断じて許すことはできない。

野田市は、「個性豊かなまちづくりを行う人権・平和尊重都市宣言」の理念に基づき、基本的人権を尊重し、平和を尊ぶまちづくりに努力を続けているところである。我々は、貴国の核実験に厳重に抗議するとともに、貴国が、今後一切の核実験を中止し、核兵器の廃絶と世界の恒久平和の実現のために尽力されるよう、強く要請する。

平成30(2018)年10月15日

千葉県野田市長 鈴木 有

千葉県野田市議会議長 鶴岡 潔

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

企画財政部 企画調整課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1065
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.