不動堂の彫刻

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

ページ番号 1021274 更新日  平成27年1月30日 印刷 大きな文字で印刷

不動堂の彫刻の写真

境内にある不動堂は、もともとは関宿江戸町の不動院にあったものですが、不動院が廃寺となったことで、昭和30年に昌福寺に移されたものです。
お堂の欄干の擬宝珠(ぎぼし)には、『文化15年(1818)四月吉日』と刻まれておりますので、この頃の製作されたと思われます。お堂の周囲の彫刻は素晴らしいもので、他にあまり類を見ません。関宿城主の祈祷所として使用されたと伝えられえております。

  • 所在地
    野田市関宿台町257 昌福寺

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

PR推進室
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7199-2090
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。