• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > くらしの便利帳 > 健康・医療 > 予防接種 > ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん等)


ここから本文です。

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん等)

ページ番号 1000344 更新日  令和4年7月19日 印刷

ヒトパピローマウイルス感染症ワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)定期接種について

ヒトパピローマウイルス感染症ワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)定期接種の個別勧奨の再開について

ヒトパピローマウイルス感染症ワクチン(以下HPVワクチン)の予防接種は、子宮頸がんの原因として最も多いといわれる、発がん性ヒトパピローマウイルス16型、18型の感染を防ぐワクチンでです。

HPVワクチンは、平成25年4月から予防接種法に基づく定期の予防接種となりましたが、接種後にワクチンとの因果関係が否定できない持続的な疼痛が特異的に見られたことから、副反応の発生頻度等が明らかになり適切な情報提供ができるまでの間、平成25年6月より定期接種者への積極的な接種勧奨を控えていました。

その後、ワクチンの有効性や安全性に関する議論が行われ、令和3年11月、厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会において、HPVワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ることが認められました。これにより積極的な接種勧奨が再開が決定し、令和4年度より接種対象者への個別通知が再開することになりました。

また、接種勧奨を差し控えていた時期に定期接種の対象(平成9年度から平成17年度生まれの女性)で接種をしていない方を対象に、公平な接種機会を確保する観点から、あらためて接種の機会を設けることになりました。

野田市では接種対象者の相談体制を整えたうえ、慎重かつ適切な情報提供を行っていきます。予防接種を受けるかどうかの判断に迷われている方や、副反応の症状を不安に感じている方は、保健センターにご連絡ください。

対象年齢・接種期限について

一覧
 

従来の定期接種対象者

順次キャッチアップ接種対象者

キャッチアップ接種対象者

対象年齢 小学校6年生から高校1年生の女性 平成18年4月2日から平成20年4月1日生まれの方 平成9年4月2日から平成18年4月1日生まれ
接種期限 高校1年生相当の3月31日 令和7年3月31日まで 令和7年3月31日まで

キャッチアップ対象者とは、接種勧奨を差し控えていた時期に定期接種の対象で接種をしていない方です

個別通知は8月ごろに予定しています。接種をお急ぎの方は、保健センターにご相談ください。

子宮頸がん予防ワクチンには「サーバリックス」と「ガーダシル」の2種類があります

ワクチン名

サーバリックス(HPVの16、18型の2つの型に対して感染予防効果を持つワクチンです)
  • 1回目 初回
  • 2回目 1か月後(初回から)
  • 3回目 6か月後(初回から)
    ただし、上記の方法を取ることができない場合は1か月以上の間隔をおいて2回接種後、1回目の接種から5か月以上、かつ2回目の接種から2か月半以上の間隔をおいて1回接種
ガーダシル(HPVの16、18型に加えて、尖圭コンジローマの原因となる6、11型に対して感染予防効果を持つワクチンです)
  • 1回目 初回
  • 2回目 2か月後(初回から) 3回目 6か月後(初回から)
  • 3回目 6か月後(初回から)
    ただし、上記の方法を取ることができない場合は1か月以上の間隔をおいて2回接種後、2回目の接種から3か月以上の間隔をおいて1回接種。また、1年以内3回の接種を終了することが望ましい。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康子ども部 保健センター
〒278-0003 千葉県野田市鶴奉7番地の4
電話(母子保健係):04-7125-1190
電話(健康増進係):04-7125-1189
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.