• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > 市政・市の紹介 > シティプロモーション > 野田市の魅力発信事業 > ユーチューブを活用した市内草花広報 > 草花図鑑 > イトトリゲモ(糸鳥毛藻)(トチカガミ科 イバラモ属)


ここから本文です。

イトトリゲモ(糸鳥毛藻)(トチカガミ科 イバラモ属)

ページ番号 1021285 更新日  平成30年11月13日 印刷

イトトリゲモ(糸鳥毛藻)(トチカガミ科 イバラモ属)

イトトリゲモの図鑑

自生環境

水田、ため池など

原産地

日本在来

特徴

  • 水田やため池に生える1年草です。株の寿命は短く、6月から7月ごろに発芽した後、短期間で開花・結実を済ませ、稲刈り前にはタネを残して枯れてしまいます。
  • 水底の泥の中に根を下ろしますが、まるで藻のように、一生を水中で過ごします。茎はすぐにちぎれますが、ちぎれてもそのまま生育可能です。ただ乾燥には極端に弱く、水から出した途端に傷んでしまいます。そのため、タネを残す前に田の水が落ちると、次世代に命をつなげずに絶える原因となります。
  • 葉のわきに雄花が1個、雌花が2個、同時につきます。タネはうすい果皮に包まれた状態でふつう2個ずつつきます。果皮をむいたタネには、横長の網目模様がありますが、この模様はトリゲモの仲間の重要な識別点の1つです。

イトトリゲモの画像その1。夏の田んぼに生え、水の中で育つ。

イトトリゲモの画像その2。葉は細くて、縁は少しギザギザする。果実は葉のわきにふつう2個ずつつく。タネの表面は網模様。網目は細長いかたち。

イトトリゲモの画像その3。葉鞘。雄花。葉のわきに1個。葉鞘に中で咲き、とても小さいため発見は至難の業。雌花。葉のわきに2個。雄花より大きい。

藻のようだけど藻ではない

イトトリゲモは、名前に「藻」とつく上に、植物体が水中にあるため、一見すると藻類(いわゆる藻のこと)のように感じてしまいます。しかし、目立たないながらも、きちんと花を咲かせタネで増えるれっきとした「植物」です。じつは藻類は、もはや植物でもなく、「原生生物」と呼ばれるくくりになります。なお、一生を水中で過ごし、藻のように見える植物のことを「沈水植物」と言います。

市内の分布状況

市内では旧・関宿町エリアの水田地帯に多数生育しています。

市内の分布状況の図

生育を脅かす要因

  • 農薬
  • 乾燥化
  • 水質悪化

除草剤や水田管理法の変化(特に水を抜く時期)によって、全国的に激減しました。市内の自生地では、水田がこのまま維持されている限りは、特に問題はありません。

レッドリスト

千葉県…B(重要保護生物)
環境省…NT(準絶滅危惧)

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

自然経済推進部 みどりと水のまちづくり課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1195
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.