• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > 市政・市の紹介 > シティプロモーション > 野田市の魅力発信事業 > ユーチューブを活用した市内草花広報 > 草花図鑑 > ヒメリュウキンカ(姫立金花)(キンポウゲ科ヒメリュウキンカ属)


ここから本文です。

ヒメリュウキンカ(姫立金花)(キンポウゲ科ヒメリュウキンカ属)

ページ番号 1025733 更新日  令和2年4月21日 印刷

ヒメリュウキンカ(姫立金花)(キンポウゲ科ヒメリュウキンカ属)

ヒメリュウキンカ(姫立金花)(キンポウゲ科ヒメリュウキンカ属)

 

 

自生環境

家のまわり、林内 など

原産地

ヨーロッパ

特徴

  • 観賞用に渡来した小さな多年草で、原産地のヨーロッパでは湖のほとりなどに自生しています。山の湿原でミズバショウとともに春の訪れを告げるリュウキンカに似ていて小さいためヒメリュウキンカと名がつきましたが、分類上はまったくの別物です。
  • 冬のうちから葉を出しはじめ、早春に直径2.5センチメートルくらいの花を咲かせます。花びらの枚数は8から10枚ほどですが枚数は同じ株でも変動します。花びらには強い光沢があり、典型的なものは鮮やかな黄色ですがたくさんの園芸品種があります。園芸品種の花色は黄色のほか、白色、クリーム色、橙色などがあり、さらに八重咲きや葉色ちがいなどもあります。
  • 花の後はすみやかに休眠に入り、5月までには地上部は完全に枯れます。地中には「いも」のように膨らんだ根が次々とでき、それが分離・拡散することで増殖していきます。

冬から春にかけて次々と花を咲かせる。大型連休のころには地上部は休眠期に入る。花の直径4センチメートル、葉の長さ6センチメートルと大型になるタイプがあり、キクザキリュウキンカと呼ばれている。

葉は縦長のハート形。いくつもの小さな果実が丸く集まる。タネからはあまり増えない。

花びらは光沢がある。花は直径約25ミリメートル。白っぽい花を咲かせる株もある。

キクザキリュウキンカ

ヒメリュウキンカと呼ばれているものの中には、葉の長さ約6センチメートル、花の直径約4センチメートルと、とても大きくなるタイプが知られています(典型的なヒメリュウキンカでは、葉の長さ約2センチメートル、花の直径約2.5センチメートル)。
このタイプをキクザキリュウキンカ(F. ficarioides)と呼び、種類を分ける考え方もあります。ただ、この2つを同じものだとする考えもあり、今後の研究によって見解が変わる可能性もあります。

市内の分布状況

園芸植物なので市内に自生はありません。ときに野生化したものが見られます。

市内の分布状況の画像。

予想される被害または生育を脅かす要因

  • 駆逐

冬から早春の花の少ない時期に咲くため、広く栽培されています。ただ、ちぎれた根などから簡単に復活するため、育てるときは、野生化させないよう配慮が必要です。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

自然経済推進部 魅力推進課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7199-2090
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.