• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント


ここから本文です。

ベニカナメモチ(紅要黐)(バラ科カナメモチ属)

ページ番号 1026131 更新日  令和2年5月29日 印刷

ベニカナメモチ(紅要黐)(バラ科カナメモチ属)

ベニカナメモチ(紅要黐)(バラ科カナメモチ属)

自生環境

植栽(庭、公園など)

原産地

人工的な栽培種

特徴

  • カナメモチとオオカナメモチを交雑してつくられた園芸品種で、レッドロビンとも呼ばれています。病害虫の影響を受けにくく丈夫で、刈り込みにもとても強いことから、今や生垣の定番。世界じゅうに普及しています。
  • 常緑樹で葉は光沢のある深緑色ですが、新葉は鮮烈な赤色です。新芽の成長が盛んに春先はもちろん、季節に関係なく刈り込むたびに赤い新葉が出てきて、生垣を美しく彩ります。
  • 初夏、枝先に多数の小さな白い花がまるく集まって咲きます。ハナムグリやハチ、チョウなど、多くの虫さんが花を訪れます。結実率はあまり良くないですが、ときにまばらに結実することがあり、秋に赤く熟します。刈り込みを頻繁に行う場所では、花や果実はほとんど見られません。

ベニカナメモチの画像その1。若い葉が真っ赤で美しいので生垣によく使われる。枝先の若葉は鮮やかな赤色。成熟した葉は緑色になる。

ベニカナメモチの画像その2。1つの花の大きさは1センチメートルくらい。花びらは5枚。葉縁にはとても細かいギザギザがある。

ベニカナメモチの画像その3。たまに小さな丸い果実ができることも。熟すと赤くなるが、食用にはならない。

レッドロビンとも呼ばれる

 本種は園芸品種名のレッドロビン(Red Robin)という名でもよく知られています。かつて生垣には、野生種のカナメモチがよく使われていましたが、今では、身近な場所で見かけるものの大半が本種です。ちなみに、カナメモチの中から新芽の赤が美しい性質を持つ株を選別して、それを「ベニカナメモチ」と称することもあります。これは本種とよく似ていて、識別は困難を極めます。

市内の分布状況

人工的に作り出された種類です。庭や公園によく植えられていますが、自生はしていません。

市内の分布状況の図

予想される被害または生育を脅かす要因

今のところ特になし

庭や公園の生垣としてよく使われており、ときに果実をつけることがありますが、現時点では野生化したものは見られません。今後も野生化する可能性は低いと考えられます。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

自然経済推進部 魅力推進課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7199-2090
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.