• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > 市政・市の紹介 > シティプロモーション > 野田市の魅力発信事業 > ユーチューブを活用した市内草花広報 > 草花図鑑 > セイバンモロコシ(西蛮蜀黍)(イネ科モロコシ属)


ここから本文です。

セイバンモロコシ(西蛮蜀黍)(イネ科モロコシ属)

ページ番号 1028191 更新日  令和2年10月5日 印刷

セイバンモロコシ(西蛮蜀黍)(イネ科モロコシ属)

セイバンモロコシの図鑑

自生環境

道ばた、土手、荒れ地 など

原産地

アフリカ

特徴

・世界じゅうで手に負えない勢いで増えている「悪名高き草」です。国内では1945年ごろに関東地方で発見され、以降急増しました。市内でもいたるところにごく普通に生え、もともとあったススキなどの在来種の生育場所を奪ってしまっています。

・地下茎をどんどんのばし、わずかにちぎれた地下茎の断片からも新しい株として育ちます。またひとつの株の寿命が長く、一度生えると簡単には抜けないくらい深く根を張ります。さらに周りの植物の生育を抑える成分を出し、広範囲にわたってセイバンモロコシだけが占領してしまう状態になってしまいます。

・初夏から秋にかけて、茎の先に赤茶色の大きな穂をつけます。小穂の先には長い芒がありますが、芒の無いヒメモロコシと言う品種もあります。市内にはヒメモロコシが多く、芒の出かたが中途半端でどちらともつかないものもしばしば見受けられます。

セイバンモロコシの画像その1。小穂の先に芒がある。穂は円錐形で赤みがかっている。

セイバンモロコシの画像その2。葉の感じはトウモロコシによく似ている。タネは黒っぽくて強い光沢がある。

セイバンモロコシの画像その3。品種・ヒメモロコシ。小穂に芒は無い。

牧草には向かない

 セイバンモロコシは英語でジョンソングラスと呼ばれます。これはかつてジョンソンさんが牧草の候補に選んだことにちなみます。ところが葉に含まれる青酸配糖体は、分解すると強い毒を持つ青酸(シアン化水素)になるため家畜には有毒です。よく乾燥させた「乾草」なら問題ないようですが、生乾きだと家畜が命を落とすこともあります。そのため牧草としてはほとんど使われないようです。

市内の分布状況

どこにでも見られ、年々増加傾向にあります。市内では典型品よりもヒメモロコシ型のほうが目立ちます。

市内の分布状況の図

予想される被害または生育を脅かす要因

・駆逐
・花粉症

風媒花なので、花粉を空中にまき散らして、イネ科花粉症の原因になります。また繁殖力が非常に強く、多年草であるため、一度入りこむと地域の生態系に大きな打撃を与えます。

外来生物法など

その他の総合対策外来種(法的規制は無し)

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

自然経済推進部 魅力推進課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7199-2090
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.