• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント


ここから本文です。

サンカクイ(三角藺)(カヤツリグサ科フトイ属)

ページ番号 1033787 更新日  令和4年1月20日 印刷

サンカクイ(三角藺)(カヤツリグサ科フトイ属)

サンカクイの図鑑

自生環境

湿地、水辺 など

原産地

日本在来

特徴

  • 日当たりのよい湿地や水辺に生える多年草です。地下茎を横に長くのばしながら広がっていきます。地下茎の節々から茎を1本ずつ立ち上げるため、株状にはなりません。
  • 茎の断面が三角形で、それが名前の由来となっています。茎の高さは50センチメートルから130センチメートルほどで、夏から秋にかけて、茎の上端に花の穂をつけます。葉は退化し、茎のつけ根に痕跡状のものが確認できる程度です。茎の先に、葉が変化してできた苞葉がつきます。苞葉は茎の続きのような姿で、先は鋭くとがります。この様子からサギノシリサシという異名があります。
  • 小穂は茶色で細長い卵のような形。花序枝の先に1個から3個ずつつきます。最初に雌しべが出て、少し遅れてから雄しべが顔を出します。雌しべの柱頭は2つに分かれています。

サンカクイの画像その1。苞葉/茎。穂より上は葉が変化してできた苞葉。茎はここまで。

サンカクイの画像その2。小穂/花序枝。小穂は花序枝の先に1から3個ずつつく。茎の断面は三角形。

サンカクイの画像その3。雌性期/先に雌しべが出る。柱頭。雌しべの柱頭は2つに分かれる。雄性期/雄しべはそのあと。雄しべ。

雌しべの柱頭に注目

フトイは自家受粉を防ぐために、先に雌しべを出して、ほかの株からの花粉をつけた後、少し遅れて雄しべを出します。雌しべの柱頭は白い糸状で、フトイでは先が2つに分かれています。そしてこの柱頭が、2つに分かれるのか(2岐)、3つに分かれるのか(3岐)は、カヤツリグサ科植物の重要な見分けポイントとなっています。この仲間の植物を見つけたらルーペで柱頭を観察してみましょう。

市内の分布状況

市内全域の湿地で、普通に見ることができます。

 

市内の分布状況の図

生育を脅かす要因

  • 乾燥化
  • 開発

市内全域の水辺にごく普通で、今のところ絶滅の心配はありません。ただ乾燥には弱く、さらに自生環境の湿地や沼は、埋め立てなどにより失われやすい場所です。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

PR推進室
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7199-2090
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.