• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント


ここから本文です。

ウリクサ(瓜草)(アゼナ科ハナウリクサ属)

ページ番号 1034347 更新日  令和4年3月9日 印刷

ウリクサ(瓜草)(アゼナ科ハナウリクサ属)

ウリクサの図鑑

自生環境

畑地、あぜ など

原産地

日本在来

特徴

  • 畑地や田のあぜ、庭の隅など、土がある程度露出されているものの極端に乾燥しすぎない場所に生える、小さな1年草です。従来ゴマノハグサ科に分類されていましたが、DNA解析をもとにした新しい分類体系(APG)ではアゼナ科になりました。
  • 茎は枝分かれしながら地を這うようにのびていきます。長さ1から2センチメートルほどの卵形の葉が2枚ずつつきます。日当たりのよい場所では茎や葉脈が赤紫色になります。夏から秋にかけ、茎の先に小さな淡青紫色の花を咲かせます。果実はがくに包まれた状態のまま膨らみ、成熟すると割れて、中から多数の小さなタネがこぼれ落ちます。
  • 夏の花壇によく植えられるトレニア(Torenia fournieri)と同じ仲間で、よく見ると、どこか雰囲気が似ています。トレニアの和名はハナウリクサと言います。

ウリクサの画像その1。茎の先に淡青紫色の花を咲かせる。葉は2枚ずつ向かい合わせにつく。茎は地を這うようにのびていく。

ウリクサの画像その2。葉は卵形で縁は少しギザギザする。上唇/下唇。花冠は上唇と下唇に分かれる。下唇は大きく先が3つに分かれる。

ウリクサの画像その3。がく/果実。果実はがくに包まれている。熟すと割れて小さなタネがこぼれ落ちる。寒くなると赤く色づく。

名前の瓜はマクワウリ

ウリクサと名前がついているものの、ぱっと見はあまり瓜っぽい雰囲気はありませんね。キュウリグサ(葉を揉むとキュウリの匂い)のように、葉を揉むと瓜の匂いがするというわけでもありません。ではどこが瓜なのでしょうか。どうも果実の形が、マクワウリのそれに似ていることにちなむようです。ただ果実はがくに包まれているため、がくをめくってみないとその形は分かりません。

市内の分布状況

市内全域の湿った場所に、ごく普通に生えています。

市内の分布状況の図

生育を脅かす要因

  • 乾燥化
  • 農薬

市内では普通種ですが、生育場所が人の生活空間と重なっているため、除草剤などの影響を受けがちです。また都市化に伴う土の乾燥が苦手な傾向もあります。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

PR推進室
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7199-2090
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.