• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > よくある質問 > 国民年金について、どのようなときに届出が必要ですか。


ここから本文です。

国民年金について、どのようなときに届出が必要ですか。

ページ番号 1015638 更新日  令和3年12月17日 印刷

次のようなときは、速やかに届出をしてください。

  • 20歳以上60歳未満の年齢で厚生年金保険の被保険者資格を喪失したとき
  • 3号被保険者が配偶者の社会保険の被扶養者資格を喪失したとき
  • 3号被保険者の「配偶者が65歳になったとき」
  • 任意加入制度に加入するとき、資格喪失するとき(高齢任意加入、海外任意加入)
  • 付加保険料の納付を始めるとき、やめるとき
  • 保険料の免除・納付猶予制度、学生納付特例制度を利用するとき
  • 保険料を追納するとき
  • 1号被保険者が出産したとき(産前産後免除制度)
  • 死亡したとき

関連情報

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 国保年金課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1082
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.