• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > くらしの便利帳 > 教育・文化 > 教育 > 幼稚園や認定こども園(幼稚園部分)を利用予定の方へ


ここから本文です。

幼稚園や認定こども園(幼稚園部分)を利用予定の方へ

ページ番号 1028732 更新日  令和3年12月17日 印刷

幼稚園や認定こども園(幼稚園部分)を利用予定の方へ

認定について

2019年(令和元年)10月から開始された幼児教育・保育の無償化では、満3歳以降に新制度幼稚園や私学助成幼稚園、認定こども園(幼稚園部分)を利用する場合、お住まいの市町村で無償化の認定を受ける必要があります。このページでは、新制度幼稚園と認定こども園(幼稚園部分)に関する、教育・保育給付認定の第1号について説明します。

注:私学助成幼稚園に関しては、関連ページにある「幼児教育・保育無償化について」で説明しています。

野田市内の幼稚園の分類
分類 施設名

新制度幼稚園

野田北部幼稚園、市立野田幼稚園、市立関宿南部幼稚園、 市立関宿中部幼稚園
認定こども園

のだのこども園(幼稚園部分)、やなぎさわ幼稚園・保育園(幼稚園部分)、

聖華未来のこども園(幼稚園部分)

私学助成幼稚園

関宿幼稚園、月影幼稚園、岩木幼稚園、野田中央幼稚園、第二野田中央幼稚園

教育・保育認定の対象者

  • 満3歳から小学校就学前までの児童で新制度幼稚園や認定こども園を利用する方

認定申請書類及び添付書類の提出先

  • 在籍している新制度幼稚園・認定こども園

注1:市外にお住まいの方は、お住まいの市町村へお問い合わせください。
注2:野田市にお住まいで、市外の幼稚園等を利用する場合には直接野田市役所保育課へ提出をお願い致します。

利用者負担(保育料)について

幼児教育・保育無償化により、教育・保育給付認定の第1号認定を受けている児童の利用者負担額(保育料)については無償となります。

副食費について

保育料の無償化のため、副食費は保護者負担となります。
ただし、年収360万円未満相当世帯及び、通園児童が第3子以降(小学校3年生以下の子どもの数をカウント)等の場合は副食費が徴収免除となります。

認定申請の注意事項

  • 申し込み後、申請内容に変更があった場合(住所変更、同居世帯員が増えた場合など)は、変更が生じてから概ね2週間以内に届け出てください。
  • 教育・保育給付認定は幼稚園等の入園を保障するものではありません。入園については幼稚園等に直接問い合わせをお願い致します。

教育・保育給付認定案内と申請書類

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康子ども部 保育課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1299
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.