関根金次郎の碑と墓

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

ページ番号 1000789 更新日  令和4年4月1日 印刷 大きな文字で印刷

関根金次郎の碑の写真
関根金次郎の碑
関根金次郎の墓の写真
関根金次郎の墓

近代将棋界の父とされる13世名人関根金次郎は、明治元年に東宝珠花で生まれました。子どもの頃から将棋の才能に恵まれ、11歳で11世名人伊藤宗印に弟子入りをし、20歳で三段。24歳で五段、53歳で13世名人位に就きました。
自ら終身名人位を辞し、当時の一代一名人制であった将界制度を実力名人制に変え、近代将棋の基礎を築きました。
将棋の駒を形どった碑で、そこには『将棋十三世名人 関根金次郎碑』とかかれています。

  • 所在地
    野田市東宝珠花1202-1

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

PR推進室
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7199-2090
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。