• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント


ここから本文です。

「知ってもらいたい、産後うつ」  

ページ番号 1018162 更新日  平成30年10月30日 印刷

原因はホルモンの変化と疲れ

 出産に伴うホルモンの分泌の変化により、産後は体内のホルモンバランスが急激に変わります。この変化が自律神経系に影響を及ぼし、また分娩後の環境の変化に伴いマタニティーブルーがあらわれることがあります。さらに、育児の不安や寝不足などの疲労がたまると産後うつへ発展することがあります。約10人に1人が産後うつを経験するといわれています。

マジメで頑張るママほどなりやすい

 症状の強弱に差はあっても、本当は誰にでもおこる可能性のある産後うつですが、ママの性格や環境によっても強く出たり出なかったりします。気をつけたほうが良いのは、性格面では真面目な女性。環境面では、ご主人の帰りが遅い核家族の場合になる方が多いようです。

なりやすい時期は産後1か月から3か月まで

 最もホルモンバランスが崩れるのは産後3から5日くらいです。10日目くらいには徐々に元に戻ってくるのですが、さらに大きな原因はやはり疲れです。出産で疲れ果てている体で育児が始まると、疲れがさらに蓄積されます。

 1か月くらいの間は無我夢中ですが、産後1か月健診が終わって一息つく時期に産後うつになる方が多いといわれています。里帰り出産をして親元で過ごす時期は、手伝ってもらったり話し相手もいるためうつにはなりづらいのですが、里帰りから自宅に戻った後のタイミングには注意が必要です。

 こうした産後1か月から2か月くらいをピークに現れる産後うつの症状も、いずれにせよ一時的な状態です。生後3か月くらいになって赤ちゃんが落ち着いてくると自分の体調も元に戻り、また頑張ろうというモチベーションも自然に上がってきます。

病院や助産師さん・子ども支援室に相談してみて

 精神面の悩みも含め、分からないのが当たり前なのですから恥ずかしがることはありません。どんどん質問してください。あらかじめ聞きたいことをメモしても、聞き忘れがなくていいかもしれないです。

 新生児訪問時や出産した病院に相談する方法もありますし、ぜひ子ども支援室にも相談してください。心理士や保健師がお話させていただきます。

張り切りすぎない、頑張りすぎない

 休める時には休みましょう。張り切りすぎてなんでも完璧にしようと思っても無理。赤ちゃんに合わせるような生活スタイルにして赤ちゃんが寝たら一緒に寝るという感じで、休める時にはしっかり休みましょう。

パパに「産後うつ」について知っておいてもらう

 ママだけでなくパパにも産後うつのことを知識として知っておいてもらうことも大切です。変化に気付いてあげられなかったり、不安定な時期にケンカをしてしまったりなど事前に防ぐことができます。パパへのアドバイスとしては、こういう時期だからさらに大切にしてあげようという思いやりを持ってあげてください。少しの心遣いでママは救われますので、ぜひ二人で乗り切ってほしいです。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 保健センター 子ども支援室
〒278-0003 千葉県野田市鶴奉7番地の4(4階)
電話:04-7125-1134
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.