• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > くらしの便利帳 > 教育・文化 > 教育 > いじめをなくそう(特別授業やスマホアプリ)


ここから本文です。

いじめをなくそう(特別授業やスマホアプリ)

ページ番号 1016653 更新日  平成31年2月7日 印刷

いじめの早期発見と防止のために

市では、学校でのいじめ問題の克服に向け、いじめの防止、早期発見、対処等の具体的な取り組みを示す「野田市いじめ防止基本方針」を策定しています。

いじめの特別授業やいじめ防止アプリなど

いじめを防止するため、市内全公立小中学校の児童生徒を対象に、市独自の「いじめ実態調査」を年2回行い、調査でいじめと認められたものには対策を講じてきました。

いじめは当事者だけではなく、周囲の傍観者が自分が標的になるのを恐れて助けられず、見て見ぬふりをしてしまうことで、一層助長してしまうことがあります。いじめ防止のためのさらなる取り組みとして、公立の市内全11中学校で、いじめの傍観者にならず、行動を起こすことの大切さを伝え、生徒の意識改革を促す授業を始めています。

匿名でいじめの報告や相談ができるアプリ「STOPit(ストップイット)」を生徒達が無料で利用できる環境を整え、授業で使い方を紹介しています。アプリは、文章だけでなく、画像や動画も添付して送ることができ、匿名で送信先とやり取りでき、また、ワンタッチで電話をかけることもできます。
アプリの提供対象者は市内公立中学校の生徒約4,000人です。相談や報告は匿名でも、学校名と学年が把握できるので、報告や相談を受けてから組織的に対処することができます。

アプリ「STOPit」を使うためには、まずアプリをダウンロードします。
次に各クラスで実施している授業で配布するプリントのアクセスコードを入力します。

平成29年に柏市で、全国の公立学校で初めてアプリを導入したところ、電話や電子メールの9倍に及ぶ相談が寄せられ、そのうち約35パーセントがいじめに関するものだったことから、野田市でもいじめの早期発見と防止の効果が期待できます。

いじめはいけません
いじめはいけませんよ

アプリを登録してみよう
いじめを報告・相談しやすいアプリの登録を

アプリの画面
アプリのスマホ画面

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

学校教育部 指導課
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1329
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.