• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > くらしの便利帳 > お知らせの一覧 > 生活環境(ごみ・環境・消防など) > 被災ごみ(災害廃棄物)の受け入れ


ここから本文です。

被災ごみ(災害廃棄物)の受け入れ

ページ番号 1024182 更新日  令和1年10月13日 印刷

10月14日(月曜日)から清掃工場で受け入れます(土曜日・日曜日を除く)

罹災証明書か罹災届出証明書を確認しますので、持参してください。
なお、罹災証明などを持参できない場合は、身分証明書(免許証など)を確認し、後日提出していただきます。

台風19号で発生した野田市内の被災ごみ(災害廃棄物)を、通常のごみと分けて受け入れます。
災害により、多くのごみが発生しています。分別して頂くことが、スムーズにごみを処理する第一歩ですので、1日でも早く被災ごみ(災害廃棄物)が片付くよう、分別にご協力をお願いします。

受け入れる被災ごみ(災害廃棄物)

畳、家具類、木くず、布団類、瓦、コンクリート(がら・ブロック)、ガラス・陶磁器くず、家電類、金属くず

注:木の枝や倒木などの木材は、堆肥センター(15日から受け入れ開始)へ搬入してください。

持ち込みできないごみ

  • 生ごみは、通常のごみ収集日に、ごみステーションに出してください。
  • 事業所から出たごみ
  • 産業廃棄物

被災ごみ(災害廃棄物)の出し方ルール

  • 分別していないごみはお断りします。
    (畳は畳のみ、瓦は瓦のみ、というように分別して持ち込んでください)
  • 災害に関係ないごみは、通常の収集で出してください。
    注:可燃ごみ(生ごみなど)や不燃ごみは、持ち込みできません。
  • バッテリー、タイヤ、危険な物(消火器、ガスボンベ、灯油、農薬など)は、受け入れません。
  • 家屋の解体や、補修などを業者に依頼する場合は産業廃棄物となりますので、受け入れできません。
    (ただし、被災者本人が同乗し、罹災証明を持参した場合は除く)
  • 被災ごみ(災害廃棄物)は、仮置場に持ち込むまでは、自宅で保管をお願いします。
    ごみステーションや道路に出さないでください。
  • 持込み車両は2トン車までです。
  • 仮置場で、誘導員にしたがって決められた場所に置いてください。

場所

清掃工場(野田市三ツ堀356-1)

開設時間

9時から16時まで

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

環境部 清掃管理課
〒278-0011 千葉県野田市三ツ堀356番地の1
電話:04-7138-1001
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.