• トップページ
  • 市政の疑問にお答えします
  • くらしの便利帳
  • 事業者向け情報
  • 市政・市の紹介
  • 施設案内
  • イベント

現在位置:  トップページ > くらしの便利帳 > 福祉・介護 > 介護保険 > えんがわ


ここから本文です。

えんがわ

ページ番号 1017340 更新日  令和4年11月18日 印刷

えんがわ

「えんがわ」とは

概要

「えんがわ」とは、野田市が推進する「介護予防10年の計」の6つの戦略のうちの一つで、高齢者の方々が中心となって、日常的にお住まいの地域で地域の方々とふれあうことができる通いの場のことです。地域住民が活動主体となって、地域にある集会所などを活用して、体操などの軽運動や、お茶を飲みながらの歓談、趣味活動など、さまざまな活動を行い、人と人とのつながりを通じて高齢者の社会における孤立の防止を図ることを目的としています。えんがわを開設する方には、市から一定の補助が出ます。

主な活動内容

活動内容

えんがわに参加したい方

実施場所

野田市にお住いの方であれば、どこのえんがわにも参加できます(活動内容は、実施団体や活動日によって異なります)。

現在開設しているえんがわは、「えんがわ実施場所一覧」のとおりです(令和4年11月10日現在)。

(注)各実施団体等の連絡先は、高齢者支援課までお問い合わせください

新型コロナウイルス感染症対策のため、えんがわが開催されていない場合があります。

実施場所一覧

オンライン通いの場

地域がいきいき 集まろう!通いの場

厚生労働省が通いの場の特設Webサイトを公開しました。

新型コロナウイルス感染症が終息しない中、ご自宅での健康維持や感染症に気を付けながら、コロナ禍においても安心して通いの場を継続できるような情報を発信しています。

ご当地体操や食事・口腔ケアなどの情報や各地の通い場の取り組みについて参考になることがたくさん掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

えんがわの開設・運営について

えんがわを開設・運営する方には、市から一定の補助が出ます。

補助対象及び対象会場
補助対象 企業または個人
対象会場 定期的に開催可能な屋内の場所を確保し、その会場を中心に活動を行うこと(自治会館、自宅、介護事業所、商店など)

注:いつでも、だれでも自由に参加できるようにするため、公共施設等で活動するサークル等は対象外です。

開設・運営支援補助金と補助対象経費等

えんがわの開設要件を満たし、えんがわを開設しようとする方に対し、開設支援補助金と運営支援補助金として、補助対象経費に対して表1の範囲内で補助金を交付します。

また、補助金の受け取り方は、「概算払」か「精算払」から選択できます。(表2参照)

開設要件

  1. 体操、趣味、教養または娯楽に係る活動その他の多様な活動を実施するものであること。
  2. おおむね毎月1回以上定期的に開催し、1回当たりの開催時間が2時間以上であること。
  3. 毎年度の利用者の半数以上が市内に住所を有する65歳以上の者であること。
  4. 無料で利用できること。ただし、利用者の飲食費、賄材料費等の実費に相当する額については、この限りでない。
表1 補助金の種別、補助金の交付の対象となる経費、期間及び補助金の額

補助金

の種別

補助対象経費 補助対象期間 補助金の額

開設支援

補助金

  • 使用する建物の改修に要する経費
  • 使用する消耗品及び備品の購入に要する経費
  • 周知に要する経費
  • その他開設に要する経費
えんがわを開設する日が属する年度 5万円を限度として支給します。

運営支援

補助金

  • 使用する消耗品及び備品の購入に要する経費
  • 周知に要する経費
  • 保険料、会場使用料及び講師謝礼
  • その他運営に要する経費 
えんがわを開設する日が属する月から起算して36月間

各年度につき、5万円を、合計15万円を限度に支給します。

運営継続

支援補助金

  • 使用する消耗品及び備品の購入に要する経費
  • 周知に要する経費
  • 保険料、会場使用料及び講師謝礼
  • その他運営に要する経費 
運営支援補助金の補助対象期間終了月の翌月から起算して24月間 各年度につき3万円を、合計6万円を限度とする。

注:飲食費は補助対象経費にはなりませんのでご注意ください。

注:えんがわを開設する日が年度の途中であって、交付を受けた運営支援補助金の額の総額が15万円未満である場合は、1年度間の延長をすることができます。

表2 補助金の受け取り方
  内 容
概算払 事前に開設支援補助金及び運営支援補助金を受け取り、年度末の実績報告後に清算します。
精算払 年度末の実績報告後に補助対象経費分の補助金を受け取ります。

開設・運営方法について

えんがわの開設・運営方法については、添付の「野田市えんがわ支援事業のご案内」の3ページをご覧ください。

提出書類等

申請書等

その他必要な書類

  • 収支予算書
  • 収支決算書
  • 事業計画書
  • 実績報告書(月次)
  • 実績報告書(年次)

記入例

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

福祉部 高齢者支援課 高齢者支援係
〒278-8550 千葉県野田市鶴奉7番地の1
電話:04-7123-1092
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る

Copyright (C) City Noda, All Rights Reserved.